vs

Results

チームTriesConversionsPoints
国際武道大学3225
横浜国立大学117

会場

国際武道大学
%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%80%81%E3%80%92299-5224+%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9C%8C%E5%8B%9D%E6%B5%A6%E5%B8%82%E6%96%B0%E5%AE%98%EF%BC%98%EF%BC%94%EF%BC%91

詳細

いつも応援ありがとうございます。
3部4部入れ替え戦が今シーズン初めてホームでの試合となりました。

前半、開始早々3点を先制しリードを奪います。その後、一進一退の攻防が続く中で反則を繰り返してしまい、自陣での相手ラインアウトモールを止めることが出来ずトライを奪われてしまいます。その後のコンバージョンも決まり3-7と逆転されてしまいます。その悪い流れを変えようと果敢にボールを動かして攻めるも相手のDFのプレッシャーを受け、得点に結びつけることが出来ません。しかし、前半35分に相手の反則から敵陣に入りラインアウトから連続攻撃をし、最後はWTB山岸のオフロードからLO村上が左隅に飛び込みました。さらに、難しい角度のキックをFB大木が決め10-7と再逆転に成功します。ただ、相手も諦めておらず次のキックオフからゴール前まで攻め込まれますが、最後はなんとか踏ん張ってトライを防ぎ前半を終了しました。

後半、徐々に攻撃のリズムを掴み敵陣でプレーする時間が増えていきますが、なかなか追加点を奪うことが出来ず時間が経過していきます。お互い主導権を握りたい状況で、敵陣でアドバンテージをもらうとSO田島がドップゴールを決め、3点を追加し13-7とリードを広げます。その後、攻撃をし続けるも得点を奪えない状況が続きました。しかし、残り10分を切ったところで試合が動きます。中盤で相手のブレイクダウンにプレッシャーをかけPR小野がこぼれ球を拾いゲインし、WTB山岸がライン側を突破、最後は大外のWTB松村に回しゴールラインを割ります。そのあとのキックも決まり、20-7とリードをさらに広げました。そして、後半ロスタイムFL上原が相手ボールをインターセプトしそのまま走りきりダメ押しのトライを奪い、そのまま試合は終了しました。

また、当日は本当にたくさんの方々に会場までお越しいただき、大きな声援がチームの力となりました。この場をお借りして、御礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。

重松(共同主将)のコメント
「試合直前はみんな入れ替え戦という雰囲気に飲まれかけ緊張していて前半少し押され気味であったが、後半修正し切り替えることができ勝ちきることができました。シーズン最後の試合勝ち残留できて本当に良かったと思う。」

【写真】2019.12.08.横浜国立大学戦