vs

Results

チームTriesConversionsPoints
国際武道大学2133
東京理科大学3321

会場

順天堂大学
%E6%97%A5%E6%9C%AC+%E3%80%92270-1606+%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9C%8C%E5%8D%B0%E8%A5%BF%E5%B8%82%E5%B9%B3%E8%B3%80%E5%AD%A6%E5%9C%92%E5%8F%B0%EF%BC%91%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%91+%E5%8D%B0%E8%A5%BF%E5%B8%82%E5%B9%B3%E8%B3%80%E5%AD%A6%E5%9C%92%E5%8F%B0%EF%BC%91%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%91%E7%95%AA%E5%9C%B0

詳細

3部4部入れ替え戦として、東京理科大学との試合が行われました。

お互い負けられない戦いでしたが、このは【自信】と【平常心】を心掛けて試合に挑みました。

前半、開始早々相手の反則から3点を先制します。しかし、その後相手に1トライを返され、ゴールも決まり3-7と逆転されます。お互い追加点を奪いたい状況の中、武大がディフェンスで我慢し、相手の反則を誘い3点を返し6-7となります。敵陣でプレーする時間が増え出すと、相手の反則からさらに3点を追加します。その後もSO田島がキックを上手く使い敵陣に入り、相手のミスからゴール前のスクラムのチャンスを得ます。そのスクラムからNo.8金子がサイドをつき、クイックで出たボールを最後はFB大木が右隅に飛び込みトライを奪います。ゴールも決まり16-7とリードを奪います。前半終了間際に3点を追加し、19-7で前半をリードして終えます。

後半も先に追加点を奪いたいところでした、最初のキックオフをノックオンで失ってしまい、相手に流れを与え開始5分で7点を奪われてしまい、19-14となりました。その後お互い一進一退の攻防が続く中で、相手の反則を誘い、3点を奪い21-14とします。直後のキックオフからSO田島が突破し抜けた後裏にボールを転がし、そのボールを相手が蹴り出し、一気に敵陣ゴール前のスクラムのチャンスを得ます。そのスクラムから一旦は相手にボールを与えてしまいますが、CTB新堀のタックルからLO村上のカウンターラックでボールを奪い返し、相手の反則を誘い、最後は途中からSHに入った窪谷がクイックで攻め、ゴールラインを割ります。そして、FB大木のキックも決まり、28-14と突き放しました。さらに3点を追加し、33-14とします。その後相手に1トライを返され33-21となりますが、試合はそのまま終了となり、3部残留を決めました。

当日会場には保護者の方々やOBの方々、また学校関係者の方々など、たくさんの方にお越し頂きご観戦、応援をいただきました。
また、たくさんの差し入れも頂き、本当にありがとうございました。
重ねて心より御礼を申し上げます。

これをもちまして2018シーズンは終了となります。
1年間ありがとうございました。

2018.12.09.東京理科大学戦

3年重松


1T1G7PGで28得点をあげて大活躍のFB大木